副業を知られたくない場合

副業を知られたくない場合

会社などの本業をしながら、更に副業をしている人の中で、会社の許可を得てやっている人はかなり少数の人ではないでしょうか。

 

実際は殆んどの人が会社には知らせないで行っているでしょうが、会社の就業規則はきちんと読んで、リスクの認識をしておくことが大切です。

 

隠していたつもりでも副業がばれる場合を紹介します。

 

・自分の妻と仲良しの会社仲間の奥さんとで話している時に副業の話が漏れてしまった。

 

・会社の同僚達との飲みの席でお酒が入り気が緩んで自慢半分に自分で話してしまった。

 

・本業の就業中、副業の方の連絡で話している内容を隣の人に聞かればれてしまった。

 

・本業の会社の就業中、副業に関するサイトを見ていた所を見られて気付かれてしまった。

 

・会社に自治体から届いた、住民税の個人別明細書に記載してある額によって会社の経理や事務の人が気付く場合がある。

 

だいたいがこんな内容で、これらをひとつひとつ見ればきちんと注意していれば、ばれるのを防げる事も可能ですので、きちんと対策をとるようにしましょう。

 

「人には話さないこと」が基本であり、就業時間中には副業関連の作業や連絡は一切行わないことを徹底するべきでしょう。

 

また、確定申告の時にわからない様にするには、徴収方法を特別徴収から普通徴収に変えるだけで、副業の分の請求書は個人に届くようになるので会社に知られずに済みます。

 

しかし本業の方も普通徴収になってしまう為、なぜ普通徴収にするのかと会社から疑念をもたれてしまう危険性もあります。

 

聞かれた時に焦らない様、いざという時の為に「株をやっていて少しだけでも収入があるから」等の理由を考えておくのが安心かもしれません。

副業を知られたくない場合関連エントリー


Copyright (C) 2010 安心の儲かる副業ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

副業を知られたくない場合

副業を知られたくない場合