副業と週末起業の違い

副業と週末起業の違い

「週末に本業以外で収入を得ています。」という人がいますが、それが「副業」か「週末起業」なのかの違いをご存知ですか?

 

会社員が本業以外の仕事を週末にやって副収入を得る場合、副業は「仕事を受注してその分の報酬を得る」事で、「稼ぐ仕組みを作り、週末にその仕事を管理して報酬を得る」というのは週末起業になります。

 

例えて説明しましょう。

 

Aさんは「翻訳」を請け負う仕事の為のホームページを自ら作り、翻訳を依頼する人を集めてスタッフ登録してもらい、そのホームページから受注した「翻訳仕事」を登録スタッフに割り振って発注し、翻訳されて戻ってきたものをチェックして依頼者に納品するというのが、簡単に言うと「翻訳」で稼ぐ仕組みです。

 

Aさんは週末を利用して、この様な稼ぐ仕組みを作り、更にその仕組みに手を入れ、依頼者やスタッフと連絡を取るなどして報酬を得ているわけですから、稼ぐ仕組みを自分で作って起業したということになります。

 

一方Bさんの場合、起業したAさんの翻訳仕事の登録スタッフという副業です。

 

英語の得意なBさんはそのスキルを活かして、スタッフとして登録し、仕事をAさんから受注して主に時間のあいた週末に翻訳仕事をします。

 

週末は他の用事で翻訳は出来ないとか、体調を崩し具合が悪くてせっかくの仕事を受けられない場合は収入は発生しません。

 

いわゆる「賃仕事」ですから、仕事をした分の報酬は得られますが、やらなければそれまでの副業です。

 

責任という面でいえば週末起業のAさんのほうが大きいく大変な部分はありますが、その副業が軌道に乗っていけば収入の面でもAさんとBさんでは大きな差が出るでしょう。

副業と週末起業の違い関連エントリー


Copyright (C) 2010 安心の儲かる副業ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

副業と週末起業の違い

副業と週末起業の違い